恋が歩き出したら犬が走らない日

まだ誰にも理解不能な肉球へダイブ

2017-12-11
から sakata
フグと日本人っ! はコメントを受け付けていません。

フグと日本人っ!

先日のニュースでハコフグを釣ったので焼いて食べた人がフグの毒にあたったそうで、現代では誰でもフグに毒があるというのが共通の認識なのですが、何故、焼いて食べようと思ったのかが不思議でならないのですが、結果は当たり前の様にフグの毒に当たり、食中毒になったそうですが命に別状は無かったのが不幸中の幸いです。

それよりも不思議なのが、色々な所で言われていることなのですが、何故、日本人はそこまでしてフグを食べたいのかという点です。

毒があるのがわかっているのに毒の部位を取り除いてまで食べるようになったのも不思議ですし、まあ、私は食べたことがないので見聞きしたことでしか味を推察するしかないのですが、フグ刺しは硬いからなるべく薄く切るそうで、フグ刺しに関しては超美味しいというイメージはありません。

まあ、確かに旨いと言えば旨いのかもしれませんが、何故、そこまで日本人がフグに執着したのかが理解できませんし、ましてや毒の部分を糠につけて毒の成分を無くすというのを考え付くまでにどれだけの試行錯誤があったのかと考えると、何故、そこまでの執念を持ったのかがよく分かりません。

もしかしたら、昔はフグがいっぱい捕れてそれをどうしても食用に転化したかったのかもしれませんが、そう考えると食用にたどり着くまでに一体何人の犠牲者が出たのか想像もつきませんし、昔の日本の昔話にもあまりというか全然フグは出てこなかった様であり、一体いつ頃からフグを食べだしたのか興味はつきません。

現代では高級魚となってしまったフグなのですが、その食用の歴史を含めて謎の多い魚と言わずには言えないでしょう。

2017-12-08
から sakata
温野菜一つでダイエットに成功しました! はコメントを受け付けていません。

温野菜一つでダイエットに成功しました!

私は、昔から太りやすい体質で油断をすればすぐに体重が増えてしまう。
大人になってから、体重の増加具合は更に加速し、しばらく油断をするとあっというまに3キロ~5キロほど太ってしまうので「これは危ないな。」と思った私は、長期にかけてダイエットすることを決意しました。

そのダイエット方法は「一回の食事に必ず温野菜サラダを付けること・必ずサラダから食べ始めること」というとても簡単なものです。
本で何かとダイエット法を調べたなかで、一番私に向いていみたいと思ったので選びました。

温野菜サラダをまずはじめに食するため、お腹が膨れるうえに血糖値の上昇を押さえることができます。
サラダで摂取した野菜のおかげなのか、肌荒れも以前より目立たなくなり、お通じもよくなりました。
そうして、お通じが良くなったこととはじめに野菜を入れるため、結果的に摂取カロリーが減り、自然とリバウンドすることなく体重をへらすことに成功しました。

こういうダイエット法のよいところは、無理な減食をしないのでストレスが溜まらないこと、体にも負担がかからないので綺麗に痩せこけることができるという点にあります。
私の中では、すでにダイエットというよりは自然ルーチンとして積み重ねることができるようになりました。
これからも体重維持につきこういう食生活をキープしていきたいと思います。

2017-12-02
から sakata
農作業はこの時期なかなか辛い! はコメントを受け付けていません。

農作業はこの時期なかなか辛い!

私は今農作業のアルバイトをしています!(次の仕事が決まるまでの繋ぎなんですけども。)

初めは楽しそうやなっと思って来ました。正式に採用になり働きだして2ヶ月目でアルバイトリーダーをさせて頂くことになりましてそれはめっちゃ嬉しかったです!ちゃんと見ていただいたるんやと思ってました!

季節は夏になって暑さが増しめっちゃ暑いなか出荷作業をしていました…もちろん屋根とかはあったんですが扇風機は無かったです

ある日今年初めて夏風邪を引きこんなにしんどいんかと思い治して仕事に復帰!3日くらいで治しましたけどね(笑)

でも体は正直でまだ怠さが残っていました

やっぱり外で作業している分体調も崩しやすいのかと痛感しました

またそれから季節が過ぎ今!今年の11月めっちゃ寒くないですか?

もちろんストーブもなく作業してるので足の感覚無くなるし手の感覚もないです。そしてあまりにも寒すぎると体がダルくなってくるんですよ、しかもちょっと体が硬くなってるような感覚もあります。

仕事を終えると体が冷えきってて逆にしんどいし夏より冬の方が過酷やと実感。自分は冬より夏派なのでこの時期はほんまに過酷。しかも菜っ葉類出てくると土がついてたら水を使って洗わないといけないんです…そのまま出荷する訳にはいかないんでね。

農作業の仕事は甘く見すぎたらダメですね(笑)

2017-11-29
から sakata
会社勤めをするということ はコメントを受け付けていません。

会社勤めをするということ

組織というもののことを考えると、きまってくたびれた気持ちになる。すぐに、あぁサラリーマンをやめたいな、と思う。

仕事が嫌でたまらないというほどではないが、仕事が好きでハツラツと生きている人の気持ちは、私にはまったくわからない。

やりがいがそうあるわけでもないし、やりたいことはともかくやりたいようにできるわけでもない。

上司はまともに話が通じない。真善美、どれも欠けている。

私の環境からすれば、はっきり言って仕事を楽しむことは悪である、とすら言える気がするのだ。

今日は同僚のパソコンを直した。正確には直ったかどうか不明だが、ともかく不具合を解消させた。

私の仕事が絶妙なタイミングでなくなってしまったということと、担当部署に話をもっていけばおそらくOSの入れ替えという大げさな話になると思ったためだ。

実際こちらで直せたのでほっとしている。

だが、こんなことは会社にいる以上すべきことではない。

とくに今回は、失敗すれば同僚がまったく働けなくなってしまうおそれもあった。

それにすこしばかり奥深くのフォルダをいじったので、他のアプリケーションを含め何が起こるかわからない。

自分のパソコンならいざ知らず、これは会社のものなのだ。

またそもそも、私は時間ができたのならば他の仕事をせねばならなかったはずだ。

だから私自身は今回のことをあまり話すつもりはない。

このように報告を怠ることもまた、会社員としては批判されるべき姿勢であろう。

会社とは、働くとは、いったいなんだろうと考える。いや、単に私ができの悪い社員というだけなのだろう。

2017-11-20
から sakata
勉強しろと子供を叱る旦那が許せない はコメントを受け付けていません。

勉強しろと子供を叱る旦那が許せない

小学生、中学生の子供がいます。今まで家で子供の宿題を手伝ったりということは、自分が気が向いた時だけしかやったことがありません。
夏休みの自由研究のいつも「やろうな」と口ばっかりで結局いつもやりません。もうかれこれ8年くらい「やろうな」詐欺が続いています。
土日休みの仕事なので家にいるのに、勉強見てあげてと言っても「どうせやらないだろ?」という言い訳ばかりで見てあげようともしません。

それなのに、この前中間テストが近い中学生の子供に向かって「勉強しろ」と怒鳴りつけました。
それを聞いた私はものすごく腹が立ってしまって「勉強しろ!って怒るならもっと勉強見てあげてよ。」と反撃したところ
やはりいつものように「どうせやんないから見たってしょうがない」と言い始めました。
しかも、子供に向かって「お前は落ちこぼれだ」「成績が悪いから先生にだって信用されないんだ」とけなす言葉をぶつけました。もうアホなのか?この人はとあきれてしまいました。

「俺は勉強ができた、成績もよかった、お前みたいにダラダラしていない」とさらに子供を責めたので、「日頃自分のことばっかりで勉強見てないのに結果だけ見て文句言うなんて親として卑怯だ」と言ってやりました。そうしたら「だったらもう何もしない」と。幼稚園の子供なのか?こいつはとあきれてしまいました。
そんな旦那なので、子供たちは旦那のことが大嫌いです。もちろん私も大嫌いです。何様なんでしょうか?この人は。

2017-11-14
から sakata
成果は上がりません はコメントを受け付けていません。

成果は上がりません

共働きが危険といいますが、分け合って古臭い賃貸自宅に避難してみると、どんなに、30代の男性が、働いていないかわかります。働いていないと言うよりは、働く時間が短すぎるのです。昼過ぎ6時折かえってきているのです。こうなると、妻は、うれしい反面、お金の面で苦労します。自分も確実に働かないといけなくなります。だって、働く時間が少ないということは、厳しいサラリーですハズはないのです。
妻の重荷は、小気味よくなったようで多くなります。旦那のヘルプ、育児、セールスだ。こうなると、余りがありません。児童がそれでも悪いうちは成り立つでしょうが、児童が学校に行くようになると、学校フィーはパーになります。数字は上がることはありません。

2017-11-09
から sakata
学資保険の落とし穴 はコメントを受け付けていません。

学資保険の落とし穴

子どもが生まれてからいつもお世話になっている生命保険の担当の方から学資保険を勧められました。
当時は高いものが多くて悩んでいたのですが、一カ月11000円程なら何とかなると思って申し込みました。
二人目が生まれた時も同じように申し込みました。

主人の保険と子どもの保険で結構な金額になったので私の分は他の会社で手ごろな金額のものに見直しました。
主人の会社が吸収合併されてだんだんと会社の中で居心地が悪くなった時にもこの学資保険だけは何とか続けようと頑張りました。
そしていざ必要になった時に気づいたのが満期の時期でした。

大学受験にかかるお金は半端ではありません。ところが当時の契約は「18歳満期」だったのです。
早生まれのことをわかっていませんでした。翌年の7月が満期だったのです。本当にショックでした。

しかし何とかしないといけません。真っ青になって保険会社に問い合わせたところ、お金は先に引き出せるとのことでした。
「何とかなった!」と電話口で胸をなでおろす思いでした。満期の期日までは手数料がかかるという事でしたが背に腹は代えられません。
すぐに手配をしてもらい用立てすることができました。

そうして何とか子供に不安を与えることなく受験させることができたのです。

2017-11-02
から sakata
テレビ番組を通じて感じる社会 はコメントを受け付けていません。

テレビ番組を通じて感じる社会

最近のテレビ番組のコメンテーターや芸人さん達の発言に、以前ほどの面白さを感じません。

昔のテレビは、現実とは違うと思って見ていたと思っています。

なぜか今は、フィクションの中にもモラルを問いたがる人がいるようで、それを意識したように当たり障りのない発言と物語が構築されているものばかりのように感じます。

本来、ニュース番組等の情報以外の番組は、犯罪性のある内容は問題外ですが、フィクションの範囲であれば、エンターテインメント性を許容した番組が放送されるべきだと思っています。

放送しているテレビ局も、一部のクレームが出た番組に対してすぐに謝罪するのではなく、自分たちの番組制作の意図や考え方を説明する会見をするべきだと思います。

それに、多様性を認めない社会の空気感を、自宅のテレビから感じることに恐怖すら感じます。

モラルとそこを逸脱する境界線をどこに取るかで、人によって感じるものが変わってきますし、どこまでを許容できるかは社会の成熟度と精神的な余裕の具合といえます。

現在の社会には、数十年前の社会よりも成熟度は上がったかもしれないものの、余裕のない社会になったのではないかと感じます。

そう思うのは、自分にも精神的な余裕がないことも原因かもしれません。

2017-10-18
から sakata
次男の初めての救急受診。経過記録は大事。 はコメントを受け付けていません。

次男の初めての救急受診。経過記録は大事。

週末から1歳半の次男が熱を出して帰ってきました。

あまり熱は出さず、長引く事も少ないのでいよいよ冷え込んできたか!いという気分です。

週も空ければ元気になるかなと思っていましたが

日を追う毎に悪化していきました。

休みでしたので、救急で受診しました。

その時には39℃以上の熱となり、やや焦りました。

ただ、子供も二人目ですので一人目のように狼狽える事は少なくなりました。

ある程度食べられて、水も飲んでいたらまずまずかなと思っています。

それにほっぺたを赤くしながら鼻水も出ている状態で遊ぼうとするのです。

子供のこういう所は本当に凄いなと思います。

鼻水が苦しそうで、痰も切れず、休み明けに受診したところで、吸入をしてもらいました。

座薬も何個か使ったのもあり、次第に熱は下がってきました。

結局、Rsウイルスに感染していました。

一緒に過ごしていた5歳の息子は元気満々です。

いっぱい病気をしては救急に走ったりしていました。

今では多少のウイルス位は跳ね返す程の体力がある事を感じ嬉しい限りです。

次男もしばらく、色んな病気になりやすいとは思いますが、大事にならないように見守っていきたいと思っています。

取り合えずは、有給がもうないので、元気に保育所に行って欲しいと思っています。