恋が歩き出したら犬が走らない日

まだ誰にも理解不能な肉球へダイブ

ドラマ陸王の最終回は最高に感動的でした。

ドラマ陸王の最終回は最高に感動的でした。歴史ある足袋屋が現在の経済状況の中で経営難に陥り、打開策に行き詰まりながらいたところ、マラソンレースに観戦に訪れていた社長が快調に先頭を走っていた茂木選手が足を故障してもなおも走るのをやめない闘志を見て、この選手の為にランニングシューズを作りたいという意志を固めてそこから陸王という足袋から発想したランニングシューズに全てを賭けました。

靴底のクッション材やそれを覆う素材を開発して最高のシューズを手がけて茂木選手にプレゼンして、そこからは苦難の連続でライバル会社の妨害や買収企業の登場などにいつ倒産してもおかしくない状況の中でしぶとく生き残り策を案じ、最後の最後で茂木選手が陸王を履き勝利を収めることで見事に復活を遂げて以後大逆転の痛快劇でした。

人生に荒波はつきものですが、決してあきらめてはいけないという不撓不屈の根性を示してくれたドラマでした。私もマラソンを走っています。

マラソンから教えてもらうことは多いです。そしてマラソンを走る上で唯一頼りにするのはシューズだけです。私は練習用でミズノ、試合用でアシックスを履いています。この2つのシューズは切っても切れない大切なものとして大事にしていきたいと思います。

コメントは受け付けていません。