恋が歩き出したら犬が走らない日

まだ誰にも理解不能な肉球へダイブ

家計の事情を話してしまった時

ママ同士の会話の中でのタブー、それはやっぱり家のお金のことかなと思います。
つい気軽に家計を詳しく話して、それを他の人に漏らされると困りますからね。
でも最近、ついつい家計の事について話してしまった時がありました。

それは、相手の方のパパさんが自営業で、生活費を一定額しか入れてくれないという話です。
それでママさんも働いてそれをカバーしていると聞き、私も旦那から生活費がギリギリの一定額を毎月振り込まれていてそれからあれこれ支払った後は自分で内職して少しでも余裕作らないときついと言ってしまいました。
同病愛憐れむというのか、その話をされて、同じだと、似てる、と思ったら言わずにおれなくなったというのでしょうか。
まあ、話した相手もそんなにあれこれ他人にベラベラ喋るとは思えなかったのも大きかったかもしれません。

家計の事を他の人に話す時というのは今後も多くはないでしょう。話したいというわけではないのです。
ただ同じ悩みを持っている人がいると思うとついつい愚痴を言い合いたくもなります。
普段なかなか人に言えないからこそ、言える相手がいると思った瞬間に、これはタブーだとかどうとかいう気持ちって吹っ飛んでしまいますね。

コメントは受け付けていません。